貧血対処方法.jp|すぐやろう!即効性のある食べ物・飲み物・サプリ

私

貧血対処方法.jpでは、立ちくらみやめまいなど、急に動けなくなるほどの貧血になってしまった時にどう対処すれば良いのでしょう?

実際に貧血の悩みを抱えていたことのある管理人が、即効性のある対処方法と、貧血にならないための対策方法を紹介していきます。

 

食べ物や飲み物、サプリメントは即効性のある対処方法として有効なのでしょうか?

 

みなさんの疑問解消になれば幸いです。

貧血の原因はこれ!4つの貧血の種類

私

貧血の原因というと鉄不足を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はそれだけではありません。

貧血になる原因は大きくわけて4つあります。
貧血の種類によって、対処方法も異なってきますので注意して下さい。
どんな原因で貧血になるのか、それぞれ説明していきます。

食生活の乱れによる栄養不足

貧血の中でも最もかかる人が多いのが鉄欠乏性貧血です。
これはみなさんが良く知っている貧血で、読んで字のごとく鉄が不足することで起こります。
コンビニ弁当やファーストフードばかり食べていたり、無理なダイエットをしたりして栄養状態が悪くなると、この貧血になりやすくなります。
鉄欠乏性貧血は、赤血球の生産量が減少するために起こりますが、必要なのは鉄だけではありません。
他にも葉酸やビタミンB12、タンパク質が不足しても赤血球を作ることができなくなるので、貧血になってしまいます。
鉄欠乏性貧血については、ヘモグロビン低いナビを参考にしてみてください。

慢性的な出血による貧血

十二指腸潰瘍や胃潰瘍など消化器の疾患によって継続的に少量の出血をしている場合があります。
ずっと出血しているのですから、当然貧血になります。
排便時に血が混じることもあるので、おかしいと思ったらすぐに医師の診察を受けてください。
中には、貧血から胃がんの早期発見につながった例もあります。
女性の場合は生理や子宮筋腫による可能性もあります。
生理時の出血が多い人はその影響で貧血になりやすいのです。
また、子宮筋腫は生理時の出血を増やすだけでなく、筋腫が成長するとともに子宮を圧迫して常に出血をさせてしまうこともあります。

溶血性貧血

溶血性貧血は赤血球が破壊されることで起こる貧血です。
通常の赤血球の寿命は120日ほどですが、この寿命が10日ほど短くなったり、血管内などで赤血球が破壊されるために起こります。
赤血球が破壊される速度の方が、生産されるスピードよりも早ければ赤血球が減少して貧血になります。
先天性のものと後天性のものがあります。

再生不良性貧血

再生不良性貧血は、骨髄の中にある造血幹細胞というところで赤血球だけでなく白血球、血小板といった血液の細胞全てが減少することで起こる貧血で、原因は分かっていません。

貧血に効く、即効性のある3つの対処方法とは?

私

貧血は、経験したことのない人には「そんなに大変なのかな?」などと思われやすいのですが、本人にとってはとてもつらいものです。

これほど経験者と未経験者の意識が違う病気も珍しいのではないでしょうか。
貧血だからといって学校や仕事を休めるとは限らないのも現実です。

 

ですから、貧血になったらなるべくなら早く対処したい!という方は多いですよね。
ここからは、貧血の症状を治める即効性のある方法をご紹介します。

 

横になって安静にする

貧血の時は、血液中の赤血球が不足して体が酸欠になっている状態です。
それでも、私たちの体は脳には最優先で空気を送らなくてはいけません。
脳はとてもデリケートな臓器なので、酸素が滞るとすぐに死んでしまうのです。
そこで、生命維持のために最も大切な脳に酸素を送るため、貧血状態の体は無理をします。
そんな時、頭が高い位置にあったのでは余計に負担が大きくなりますよね。
だから、横になって脳に血液が行きやすくすると貧血の症状が楽になるのです。

 

ベルトやボタンを緩める

貧血の時は、ズボンのベルトやシャツのボタンを緩めてあげましょう。
貧血の時は体の血流も悪くなっている状態です。
そんな時に体を締め付けていたら、余計に血の流れが悪くなるでしょう。
そこで、体を締め付けているものを全て緩めてあげてください、そうすることで体の血流が改善されて、貧血の症状もかなり楽になります。
カバンのひもなども体を締め付けることがあるので、かばんは一度地面に置くといいでしょう。

 

体を温める

貧血の時は、毛布や上着などをかけて温めてあげると楽になります。
貧血の症状が起こると体温が下がり、寒気を覚えることが多くなります。
また、動けなくなってしまったり、頭痛やめまいがつらかったりで精神的にも落ち込んでしまいやすくなります。
そんな時に毛布などをかけて温めてあげると、気持ちがリラックスできます。
また、体が冷えている時というのは血流も悪くなっているものです。
体を温めてあげることで血液の流れを良くすると貧血の症状も緩和されます。
貧血の時はとりあえず血流が良くなるようにしてあげるといいでしょう。

サプリメントは貧血の対処法として即効性はあるの?

私

さて、先ほどは、貧血症状になってしまった際の即効性のある対処方法を紹介しました。

 

一般的に貧血を解消する方法として一番に挙げられるのが、「鉄分補給」では無いでしょうか。
鉄分の補給は、食事やサプリメントから行うのが一般的ですが、それらは即効性のある対処方法として有効なのでしょうか?

 

まずは鉄分サプリメントが貧血の対処法として即効性はあるのか、解説したいと思います。

 

応急処置の役割は果たさない

即効性と一口に言ってもどれぐらいの早さを求めているのかに寄りますが、サプリを飲んでも横になってベルトを緩め、体を温める、といった応急処置のような効果はほとんど期待できないでしょう。
貧血で辛いからサプリを飲んでその場で治った、というようなことはあもちろんりません。
鉄が体に吸収されるのには時間がかかるからです。
ただ、サプリを飲んだということでプラシーボ効果から楽になることはあるでしょうし、サプリの効き目は個人差がありますが、サプリは頭痛薬のように応急処置で使用するものではありません。

 

飲み続けることで貧血改善の効果

サプリメントは、基本的に飲み続けることで体調を整えるものです。
即効性のある医薬品のようなものとは違います。
それでは、その効果はいつ頃現れるのでしょうか?
これは人によって違うとしか言いようがありません。
貧血の場合、その程度によっても異なります。
鉄分が少しだけ足りない人と、全く足らない人では効果が出るまでにかかる期間にも違いがあります。
人によっては飲み始めて3日目で効果があったという事もあります。
そういった人には即効性があったと言えるかもしれません。

 

鉄分だけでは効果が薄い

サプリの場合、含まれている成分はほとんど明記されています。
鉄分を摂りたくてほうれん草を食べた場合、その他の栄養も摂取できますが、サプリではそこに書いてある物しか入っていません。
だから、必要なものをきちんと選んで飲まなくては効果が望めないのです。
貧血の場合は、赤血球を作るのは鉄分だけではありません。
ビタミンB12や葉酸も必要です。
また、鉄分を吸収しやすくするビタミンCも必要です。
それらを含んだ物を選んでも、即効性があるかどうかは個人差があるのです。

 

鉄分サプリを選ぶ場合はオールインワンなサプリメントがおすすめ!

私

貧血に必要な、鉄分・ビタミンB12・葉酸・ビタミンB6・ビタミンCが1日に必要な量摂れるサプリはなかなかありませんが、美めぐり習慣というサプリメントはその全てをきちんと配合している上、国産や無農薬の原材料にまでこだわった体に安全なサプリメントです。添加物も化学的なものを使用せず、女性に嬉しい成分がたっぷり入っていることから、昨年発売されたにも関わらず、貧血に効果のあるサプリとして人気を集めています。

食べ物は貧血の対処法として即効性はあるの?

さて、次は食べ物の貧血への効果について紹介していきましょう。
貧血を治すには、鉄分の多い食べ物を常日頃から摂取する必要がありますが、貧血の対処法として即効性があるのでしょうか。

 

サプリと比べても即効性はとても低い

私

食べ物から鉄を摂ることは、貧血を改善するためにはとても重要なことです。

しかし、食事から鉄分を摂ったからといって、すぐに貧血が治るわけではありません。
食習慣とも言い、食事は習慣として続ければ、体質を改善することができますが、2〜3日鉄分の多い食品を摂ったからといって、貧血がすぐに治るというものではありません。
特に、食べ物に含まれる鉄分には体に吸収されにくいものも多く、体への吸収も考えて作られたサプリメントと比べても、即効性は低いと言わざるを得ないでしょう。

 

食事は健康の基本

私たちの体は、細胞が常に新陳代謝を繰り返していて、3か月程度で全ての細胞が入れ替わるのだそうです。
つまり、3ヶ月きちんとした生活を送ることができれば、それまで乱れた食生活などを送っていても体質を改善することは可能なのです。
食事は体を作る基本になるものです。
すぐに効果があるものではありませんが、食生活を整えなくては将来的にも健康な体は手に入りません。
食事は体作りの土台になるものですから、即効性を求めるものではないのです。

 

バランスよく食べることが大切

食事はバランスよく食べることが大切です。
貧血だからといって、毎日鉄分の多いものばかりを食べていればいいというものではありません。
特に鉄分は過剰摂取によって下痢や嘔吐など、体に悪影響を与えることもあります。
また、貧血を改善するには鉄分だけでなくタンパク質やビタミンC、ビタミンB12、葉酸なども必要です。
それに、貧血が治っても他の病気になったのでは意味がありません。
食べ物とは、私たちの体に必要な栄養を満遍なく食べることで、長い目で健康な体を手に入れるためのものなのです。

飲み物は貧血の対処法として即効性はあるの?

最近ではダイエットのスムージーなどが話題になっていて、飲み物が体に及ぼす影響に注目が集まっています。
食べるよりもいつでも気軽に摂取できる飲み物ですが、貧血には効果があるのでしょうか。
また、即効性はあるのでしょうか?

 

食べ物と同様、即効性はない

私

例えば、鉄分を多く含むほうれん草のドリンクを飲んだとしても、すぐに貧血が治るという事はありません。

飲み物にするのはやはり野菜や果物でしょうが、これらに含まれている鉄分は非ヘム鉄と言って、体に吸収されにくい鉄分なのです。
ただし、ビタミンCと一緒に摂取すれば体に吸収されやすいヘム鉄に変わります。
ですからレモンやアセロラなどと一緒にジュースにすると貧血改善に効果的ではありますが、これも食べ物と同じように、習慣にして続けていけば効果が出るという性質のものです。
飲んで次の日に貧血が治るというものではありません。

 

貧血の人が飲まない方がいい飲み物がある?

貧血に即効性があるどころか、貧血を悪化させてしまう恐れがある飲み物もあります。
それは、カフェインやタンニンを含む飲み物です。
具体的にはコーヒー、紅茶や緑茶、ワインなどです。
これらは、鉄分の吸収を抑えてしまう働きがあります。
ですから、せっかく食事や飲み物で鉄分を摂取しても、コーヒーを飲んでしまうと鉄分の吸収が阻害されてしまうのです。
ですから、これらの飲み物を飲むなら鉄分を摂取した後2〜3時間後にして、食事中は麦茶やお水にするといいでしょう。

 

ドリンク剤なども活用しよう

最近ではコンビニなどでも健康食品やサプリメント、ドリンクなどを取り扱うようになりました。
ドリンクについては、おじさんが二日酔いを抑える時に飲むようなものが近くにあるので売り場に近付くのも躊躇するかもしれませんが、女性用のドリンクもたくさん置いてあります。
その中には鉄分補給のドリンクもありますから、そういったものを活用するのもいいでしょう。
また、豆乳も貧血には効果的な飲み物です。
これらを使って、長い目で貧血を改善していきましょう。

 

鉄分ドリンクを選ぶ場合はサジージュースがおすすめ!

私

聞き慣れない方もいるかもしれませんが、海外ではスーパーフルーツと呼ばれるほど、鉄やビタミンが豊富な果物があります。それが「サジー」です。

植物性の非ヘム鉄ではありますが、鉄分の吸収を助ける「ビタミンC」や「リンゴ酸」も豊富に含まれているため、鉄分補給のための飲み物としては、現在販売されているものの中で断トツで効果があると思います。
そんなサジードリンクの中でもおすすめなのが「豊潤サジー」です。
サジーならでは酸っぱさが暖和されていて、飲みやすいことと、サジー99.9%使用と余計な添加物が一切入っていないことも特徴のひとつです。

貧血は対処よりも、まず対策を!

貧血になるとこんなに大変!

貧血になると、頭痛やめまい、立ちくらみなどのつらい症状があるので、貧血になると大変なのは当たり前だと思うかもしれませんが、それよりも一度貧血になってしまったら治すのが難しいことの方が大変なのです。
それは、食事だけで摂取できる鉄分にはどうしても限界があるからです。
だから、なかなか日々の食事だけで貧血を改善することはできません。
その日に使う分ぐらいの鉄分は食事から摂取できても、足りない分を補うほどの摂取は難しいのです。
だから、どうしてもサプリメントや鉄剤などを飲まなくてはいけなくなります。
また、女性が貧血になると、子宮筋腫や子宮内膜症になるリスクが高まります。
これから妊娠したいと思っているなら、貧血にならないよう対策をするべきです。

 

私

対処じゃなくて対策を!

上記で説明してきたように、貧血に即効性のある対処方法はなかなかありません。
貧血は、なってからどう対処するかよりも、そもそもならないように対策することが一番大切なんです。
どうすれば貧血にならないようにできるのでしょうか?

 

鉄分を補給しよう!

貧血にならないためには、鉄分が不足しないような食生活を送ることが大切です。
レバーやヒジキ、海苔などの鉄分が豊富な食材を積極的に摂るようにしましょう。
ただし、三食レバーというような極端なことはしないでくださいね。
鉄分は摂り過ぎると体調を崩してしまうこともあります。
また、レバーにはビタミンAが多く含まれていますが、これも過剰摂取は避けた方が良い栄養素です。
ただ、普通にしていれば過剰摂取になることはありません。

 

貧血に効果的な栄養素を知る

貧血を予防するには、鉄分だけを摂っていればいいのではありません。
鉄分の吸収を高めたり、赤血球の生成に寄与するような栄養素も一緒に摂る必要があります。
鉄分の吸収を高めるものには、ビタミンCやリンゴ酸、動物性タンパク質があります。
そして、赤血球の生成に役立つものとしてはビタミンB12や葉酸があります。
これらを含むものをバランスよく食べることが貧血予防に効果的なのです。

 

治らなければ早めに病院へ行こう!

毎日の生活の中で鉄分を補給しても貧血が治らないのであれば、一般的な「鉄欠乏性貧血」ではない可能性が高いです。
早めの通院で、原因をきちんと見つけることで、大きな病気を防げます。

 

「ただの貧血だから・・・」と諦めず、不安な症状があったら必ず病院に行ってくださいね。