妊娠時・妊婦さんが貧血になってしまった時の対処方法!まず何をすればいい?

妊娠時・妊婦さんが貧血になってしまった時の対処方法!まず何をすればいい?

妊娠時・妊婦さんが貧血になってしまった時の対処方法!まず何をすればいい?

妊婦さんは、自分の中にもう一人赤ちゃんがいて、その赤ちゃんの体や血液も自分の体から分けてあげなくてはいけません。
そのため、大量の鉄分が必要になるので、妊婦さんには貧血になる人が多いのです。
普段貧血とは無縁な人でも妊娠中に貧血になる人もいるぐらいです。
妊婦さんが貧血になったらどうすればいいのでしょうか?
ポイントを3つ紹介していきます。

 

鉄分のサプリを利用する

妊婦さんの半数近くが貧血なのだそうです。確かに貧血はつらいでしょうが、妊娠したらなってもおかしくないものなのです。
そこで、焦らずに鉄分の多い食事を心がけましょう。
ただ、妊娠初期はつわりのために食事をすることが出来ず、そのために栄養不足になってしまう人も多くおられます。
鉄剤を処方してくれるお医者さんもいるでしょうが、これが妊婦さんには癖が強くて飲みにくいという人が多いのです。
そこで、鉄のサプリメントを利用することをおすすめします。
サプリの中にも飲みにくいもの、飲みやすいものがあるので、口コミなどを参考にして選んでください。

 

浴室の環境を整える

貧血の人がお風呂で湯船に浸かり、その後急に立ち上がると、脳に血液が届かずに脳貧血を起こしてしまうことがあります。
そんな時、浴室は滑りやすいので転んでしまうのです。
そうすると、赤ちゃんやお母さんに万が一の事態が起きないとも限りません。
浴室には滑り止めマットを用意したり、湯船の外に椅子を取り付けたり、手すりを準備するなどしておきましょう。

 

外出先ではこまめに休憩する

外出先では、周囲の人が予想外の動きをしたり、道路の環境が悪かったりして転倒してしまう危険が高いものです。
そんなところで貧血を起こしたら大変です。
赤ちゃんが成長するにしたがって、母体には負担がかかってきます。
いつもと同じ調子で外出しても、体が思ったように動かず、ふらついたり転倒したりする危険性が高まります。
出かける時はこまめに休憩を取るようにし、出来ればご主人や家族、友達などと一緒に出掛けるようにしましょう。